足がむくむ原因

特に女性に多い「足のむくみ」。
座りっぱなしだったり、立ちっぱなしで一日過ごすと足がパンパンになってしまい、
太く見られたり、冷え性も併発してしまうため、できれば解消したいものです。

足がむくむ原因について

足がむくむ原因については「足がむくむのを予防する方法」でも少し言いましたが
もう少し説明したいと思います。

足がむくむ原因は、ほとんどが「血液の流れが悪くなっていること」です。
足は、心臓からは最も遠い位置にあるため、血液の流れが悪くなりがちです。
血液の流れが悪くなると、老廃物が溜まりやすくなります。
すると細胞のすきまに水分がたまり、やがて足がむくむのです。

むくみは、そのままにしておくと脂肪の塊であるセルライトも出来やすくなります。
また、痩せにくく太りやすい体質にもなりやすいため、
運動や食事制限を頑張っても、なかなか痩せられない、
というケースに陥りやすくなります。
むくみはデスクワークの方や、立ちっぱなしの方がよく陥りやすい症状ですが、
睡眠不足になったり、ストレスが溜まることが、足がむくむ原因となることもあります。
睡眠不足やストレスは、人間のターンオーバーを乱してしまうためです。

足のむくみを解消するためには、血液の流れを良くする事が大切です。
お風呂に長くつかったり、マッサージをしたり、足を温めるなどして、
血液の流れを良くすることが有効です。
もし、むくみがひどく、自分では解消できない方は、
痩身エステおすすめランキングなどで店を決めて行ってマッサージしてもらうのも効果的です。

足がむくむ原因として、臓器の障害の場合もある。

このように、足がむくむ事の多くは「血液の流れが悪くなったため」ですが、
それ以外の足がむくむ原因として考えられるのが
「心臓や腎臓、肝臓などに障害がある場合」です。
このような足がむくむ原因が考えられる場合、さらに進むと疲れやすくなったり、
動悸・息切れを起こしやすくなります。さらに進むと
心不全や心筋梗塞などの病気になってしまう場合もあり、命の危険に至ります。
そのため、このように足がむくむ原因が肝機能である場合、
自分で治そうとせずに、まずは病院に行って検査をしてみるようにしましょう。